平成22年度揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者 表彰式

環境省では、大気汚染改善のため、固定発生源からのVOC排出量を2000年から2010年までに3割程度削減する事を目標に掲げ、法規制と自主的取組の双方の手法を組み合わせた対策を進めている。

「揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者表彰」は、率先してVOC排出抑制の対策を行っている団体や事業者、個人の活動に対して表彰を行うもので、第三者への周知、新たな仕組み作りや排出削減に係る技術開発などの活動に対して2007年度から表彰を行っている制度です。

今回のVOC対策功労者特別表彰では、9つの団体と企業が受賞しました。

当会は、中小企業における自主的取組を支援する目的において、直接的なVOC削減の活動に対し、洗浄や色替時の溶剤使用量削減をテーマに掲げ、現状の洗浄工程におけるVOC排出濃度を測定し、全ての中小企業に共通する費用の掛からない塗装洗浄工程の改善による大きな削減成果を得ました。また、VOC削減と同時に非常に安価な器具を用いることで廃棄する塗料や洗浄溶剤の削減を抽出し、塗料や洗浄溶剤のコスト低減を達成し、これらの成果を各地域のセミナーや個別指導、業界期間紙などを媒体に業界関係企業へ広く普及に努めた功績に対し評価されたもので、工業塗装団体の特別表彰は当会が初となります。

【平成22年度 揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者表彰受賞者】


平成22年度揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者 表彰式 (2010.12.1 法曹会館[冨士の間])

表彰受賞者

表彰受賞者


環境省 水・大気環境局 大気環境課 山本光昭課長 挨拶

環境省 水・大気環境局 大気環境課 山本光昭課長 挨拶


揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者検討委員会 小林悦夫委員長 講評

揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者検討委員会 小林悦夫委員長 講評


工業塗装高度化協議会 環境技術分科会 表彰 山崎会長 賞授与 (小林委員長より)

工業塗装高度化協議会 環境技術分科会 表彰 山崎会長 賞授与 (小林委員長より)


平成22年度揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者 記念撮影

平成22年度揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者 記念撮影


工業塗装高度化協議会 環境技術分科会 事例発表 島田哲也 窪井要

工業塗装高度化協議会 環境技術分科会 事例発表 島田哲也 窪井要


工業塗装高度化協議会 環境技術分科会 事例発表風景

工業塗装高度化協議会 環境技術分科会 事例発表風景


平成22年度揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者 表彰状

平成22年度揮発性有機化合物 (VOC) 対策功労者 表彰状