~世界の塗装産業をリードする~

日本塗装機械工業会 Coating Equipment Manufacturers Association

CEMAの主な活動

  • 塗装」をキーワードとするCEMA参加各社による連携と相互交流と親睦の場
  • 塗装」、「表面処理」、「塗料」、「薬品」などをキーワードとする他団体との交流を通しての「塗装文化」の深化、発展。自己の立ち位置の確認 (塗装技術ASTEC委員会)
  • CEMA主催による広義の「塗装」、「塗装技術」、「環境関連」を啓蒙するための技術シンポジウムの開催 (シンポジウム委員会)
  • 塗装機器、設備など出荷統計の集計、公表 (機器部会、設備部会)
  • 政府、行政による環境改善・保全に関係する法令コンプライアンスの受け皿、実行主導団体 (運営企画委員会、工業塗装高度化協議会、環境技術分科会)
  • CEMAホームページを通して「塗装用語集」の編纂。これによる業界使用用語の統一化促進 (技術部会)
  • CEMAホームページを通して、リンクによるCEMA参加各社の製品・商品紹介。また国内外の関連諸団体の紹介。
  • 塗装技術が、中小企業ものづくり高度化法 (サポイン法) に基づく特定基盤技術として、指定産業となるための諸活動 (2012年4月経産省より指定を受けた)
  • 3K (危険、汚い、臭い) でとらえられている「塗装」のマイナスイメージを、「塗装」こそが「物づくりのFINISHING」を支える重要産業というプラスのイメージに持ち上げるための各種啓蒙活動 (業界各メディアのサポート役割大)